骨董・古美術.com-骨董品の全国通販 HOME へ

<金工・絵画用語> <仏像用語> <茶道茶碗の種類>

【地金】
赤銅(しゃくどう) 銅に少量の金・銀を加えた合金。仕上がると黒くなる。合金の割合により、色つやに差がある。
真鍮(しんちゅう) 銅と亜鉛の合金。
響銅(さはり) 砂張とも書く。銅、錫、鉛の合金で、一般に黄白色になっている。
四分一(しぶいち) 朧銀(ろうぎん)ともいう。銅に銀を四分の一加えたことからその名がある。上質の物は、銀の割合が多い。
山金(やまがね) 銅の十分に精製されていないもので、黒味を帯びている。
素銅<素赤>(すあか) 赤色の銅で、山金を精製したもの。
唐金(からかね) 銅と錫の合金。
【地仕上げ】
槌目地(つちめじ) 槌で金属の表面を打ってできた地紋。
石目地(いしめじ) 金属の表面に変化を出すために、一面に細かい点の鏨を打って凹凸を施す。石の面に似ているところからこの名がある。
磨地(みがきじ) 金属の表面を研いで磨いて、鏡の様に仕上げる。
魚子地(ななこじ) 七子とも書く。金属面に連続して小さな輪型の鏨(たがね)を打ち付けて、魚卵状に凸起させたもの。凹入する魚子鏨を用い、金属面に打ち込むと、魚卵状に凸起ができる。
木目地(もくめじ) 木の目肌のごとく見せたもので、鉄などを鍛えてだしたものや、薬品腐蝕によるものがある。
【彫り】
高肉彫(たかにくぼり) 文様を高く残し、他の素地を鋤き下げて高肉にしたもの。
肉合彫(ししあいぼり) 平らな素地に、文様の周囲だけを深く掘り下げて、中の文様を薄肉風に
浮き彫りにしたもの。
鋤出彫・鋤彫・鋤出高彫(すきだしぼり・すきぼり・すきだしたかぼり)
平面の素地を鋤き下げて、模様が高く浮き彫りのようにすること。
透し彫り(すかしぼり) 鐔では地に透し彫されたものが多く、地透しと文様透かしとに分けられる。地透しは文様を残して素地を切り取り、文様透かしは文様を切り取って素地を残す。鐔の尾張透し、京透し、古萩、赤坂、肥後鐔などは地透しである。
小透し(こすかし) 透かし彫の逆で、図柄だけを透し、空白にしたもの。
薄肉彫(うすにくぼり) 鋤下げたもの。高肉彫に対して肉取りの薄いものをいう。
毛彫(けぼり) 先がとがった鏨(たがね)で細い線を刻み、文様をあらわす方法。
片切彫(かたきりぼり) 片切鏨で、一方を深くして他方を斜めに浅く切り込む方法。
【金工】
鋳金(ちゅうきん) 溶かした金属を、型に入れてものを作る技法。
鍛金(たんきん) 金属をたたいてのばし、板のようにしてものを作る技法。
彫金(ちょうきん) 鏨を使って金属を彫刻すること。
象嵌(ぞうがん) 地金に鏨で切り込みをつけ、他の金属を嵌め込む技法。色彩、装飾の効果を高める。
線象嵌(せんぞうがん・いとぞうがん) 地金に異種の糸のように細い金属線を埋め込むこと。
平象嵌(ひらぞうがん) 地金と象眼した金属が平らなこと。
布目象嵌(ぬのめぞうがん) 地面の表面に布目状の筋を入れて、その上に金銀等の箔を磨きこんだもの。
うっとり象嵌 文様の上を金銀の薄い痛手覆い包み、地金に掘り込みをつけてそれに嵌め込んで取れなくする方法。
色絵(いろえ) 金や銀の薄葉を地金の図に嵌め込んで蝋づけする方法。
高肉象嵌・据物象嵌(たかにくぞうがん・すえものぞうがん) 据文象嵌ともいう。象嵌部分の肉が高い。大きな図柄を地金の上に据えおいて蝋づけしたもの。
<絵画用語>
漆絵(うるしえ) 丹絵の、袖や帯などに膠(にかわ)を混ぜた墨を筆彩して漆を塗ったような光沢をねらった木版画。
唐絵(からえ) 飛鳥・奈良・平安前期までは唐朝を中心とする中国画を輸入していた。それを模倣した日本画をいう。鎌倉時代末に興った水墨画を第二の唐津絵という。
人物画(じんぶつが) たんに男女の人間を描いたもので主体はあくまで一般の俗人を描いたもの。
垂迹画(すいじゃくが) 平安時代中期から行われた本地垂迹説による神仏混合の絵画。
丹絵(たんえ) 鳥居清信を初代とする鳥居派がはじめた木版画に、丹や黄土を筆彩色したもの。
奈良絵(ならえ) 鎌倉・室町時代に奈良の興福寺に専属の絵仏師がいてその職が世襲された。画風も一定の類型をもっていた。この作品をまとめて奈良絵という。
錦絵(にしきえ) 鈴木春信がはじめた木版画の多色摺で明治40年頃まで続いた。
仏画(ぶつが) 仏教信仰のために寺院用と個人用とが作られた。
紅摺絵(べにずりえ) 墨版と紅・緑の二枚の版木を重ねて輪郭内に紅・緑の二色を摺った木版画。
大和絵(やまとえ) 十世紀頃(平安中期)から芽生えて十一世紀には完成された日本画、貴族生活の描写が主である。

骨董・古美術.com-骨董品の全国通販 HOME へ